脱毛クリニックで施術を受けるメリット

  • 医療脱毛できない場所はどこか

    • 医師の監視の下でお肌にレーザーを当ててムダ毛を除去する医療脱毛は、確実な永久脱毛の効果があると人気です。ムダ毛の処理が面倒なら、効果が不確かなエステの脱毛より医療脱毛を受ける方が良いでしょう。
      ところで、全身どこの毛でも施術できるのでしょうか。

      指のふわふわした毛や乳首の毛も処理できるのでしょうか。
      医療脱毛では、レーザーがメラニン色素に反応する仕組みを利用してムダ毛の毛根を破壊します。

      メラニン色素とは、人体の黒い色素。
      日本人の黒髪やムダ毛にはもちろんですが、ホクロや乳首にも含まれています。



      なので、ホクロや乳首、色素沈着してお肌が黒ずんだ部分、シミなどの場所にはレーザーは当てられません。


      レーザーを当てると、ものすごく痛みますし、火傷をしてしまう恐れがあります。なので、ホクロや乳首の毛を処理する場合は出力を下げるか、表皮に反応しないタイプのレーザー(YAGレーザー)やレーザーと高周波を合わせたハイブリッド機器を使用することがあります。
      お肌の色が濃い場所以外にも施術できない部位があります。



      それは粘膜部分です。

      鼻の中やお尻の穴スレスレの部分などです。粘膜はとても柔らかく傷つきやすいので、レーザーを当てたら火傷などのトラブルが発生しやすいのです。


      鼻毛やお尻の毛は自分で定期的に処理するしかありません。



      粘膜というと、目の際に生えているまつ毛やまぶたのまゆ毛脱毛できません。
      まゆ毛は大丈夫そうなものですが、レーザーは目に当たると失明の恐れがあるので医療脱毛でも目に近い部分は処理できないのです。


top