脱毛クリニックで施術を受けるメリット

  • 医療レーザー脱毛では副作用があるのか

    • ムダ毛を永久脱毛できると人気の医療レーザー脱毛。



      効果が確実なだけでなく、病院やクリニックで医師の指導の下に受けられて安心できる点も魅力です。でも、本当に医療レーザー脱毛は安心なのでしょうか。
      実は副作用は0ではありませんので、事前にしっかりと説明してくれる先生を選びたいものです。
      気になる副作用ですが、お肌にレーザーを当てるわけですからダメージは受けます。


      赤みやヒリヒリした感じ、むくみなどは誰でも起きます。


      これは肌のバリア機能を一時的にですが失われてしまったことが原因なので、普通は数日で和らぎます。
      2、3日経っても症状が落ち着かない場合は、炎症止めの軟膏や鎮痛剤を処方してもらいましょう。

      また、レーザーで低温火傷になってしまうこともありますが、ちゃんとしたお医者さんなら施術後の肌の状態を見てトラブルに対処してくれます。

      それでも心配な方、お肌が弱い方は美容皮膚科などで施術を受けると安心できます。


      医療レーザー脱毛の副作用には毛嚢炎(もうのうえん)という、ニキビのようなものができるケースもあります。



      毛穴に雑菌が入って赤いプツプツが発生するもので、軟膏を塗ったり内服薬を飲むと治ります。あまり知られていないのが硬毛化・増毛化という副作用です。
      これは医療レーザーを当てることによって逆に毛根の活動が活性化されて毛が濃くなったり太くなってしまうものです。



      メラニン色素が少ない産毛に発生しやすい副作用です。

      医療レーザー脱毛の再施術で抜けるケースもありますが、まったく効果がないケースもあるようです。
      こうなると、昔ながらのニードル脱毛を受けるより他ありません。

top